LINOについて

ごあいさつ

これまで介護関連事業をメインとして地域社会に貢献してまいりました当法人初の児童福祉事業を「子どもとそのご家族の生き辛さや困り感に寄り添い、ともに歩んでいく」をコンセプトに新たにスタートさせることとなりました。

「LINO」とはハワイ語で「光る」「輝く」「結びつく」という意味です。一人ひとりの子どもたちが自身の人生の主人公として光り輝き、多くの心ある人たちと出会い結びつき「生まれてきてよかった」「人生って素晴らしいね」を実感できる未来へと羽ばたいていく姿を思い描きながら、スタッフ一同日々の活動に全力で取り組んでまいります。

「LINO」に集う子どもたちのこれからの成長を温かく見守っていただけますようお願い申し上げます。

園長 四藏 幸夫

LINOのコンセプト

「ともに歩む」
~ 一人で頑張らない・一緒に頑張る 子育て ~

利用する子どもたちが地域社会の中でより良く過ごせるように、それぞれが持っている秘めた可能性をバランス良く最大限に引き出し、一人ひとりの特性に応じたオーダーメイドの多様な活動を通して、基本的生活習慣の確立、社会性の向上など将来の自立に向けた支援をご家族の皆様とともに力を合わせて行ってまいります。

利用する子どもたちとご家族の皆様、そして支援者が一つのチームとなり、笑顔と希望溢れる輝きの場となることがLINOの願いです。

施設沿革

法人名称 社会福祉法人 くすの木会
理事長 日笠山 大介
園長 四藏 幸夫
所在地 鹿児島市下荒田1丁目20-4 みちよビル3階